何のための空間創りか。


ONE工務店です。

台風、地震による復旧工事で年内の休日がほぼ無いことが確定しました。お待ちいただいていますお客様、クライアント様、大変恐縮ですが、職人、スタッフ一同、全力で対応させていただきますので、もう少しだけお時間をください。

画像は先日ある企業様からご依頼いただきましたスタッフ様用の休憩室のイメージです。WEB上の画像ではほぼ分からないと思いますが、これはあくまで「イメージパース」です。写真ではございません。現状をお見せできないのが残念ですが、現状の空間からは全く想像できないくらいの違いがあります。そしてこのパースにいきつくまでに相当な時間と労力を費やしています。スタッフ様の人数や滞在時間はもちろんですが、お聞きできる範囲でかなりボリュームのヒアリングをさせていただき、それに基づき様々な「仮説」と「企画」を積み重ねます。そして空間の細部に至るまで、それぞれの「意味」と「理由」を整理して、晴れてご提案となります。リノベーションは毎回この工程を経て、ご提案させていただきます。この過程で絶対に気を付けているのは、当然ですが、この空間が何のための空間なのかという点です。言葉だけ見ていると簡単そうな話なんですが、建築業界はこの点がいつのまにか抜け落ちることが多い業界だと思っています。特に空間を利用される人が不特定多数であったり、人数が増えてくると、より複雑になりコンセプトや目的が忘れられるケースが少なくないです。デザインを優先させ過ぎると、視覚的な効果以外の本来の目的を見失いますし、ある人は気に入っていただけるが、ある人にとっては何とも落ち着かない空間になってしまったりと二分化する状況が生まれてしまいます。デザインと機能性の両立は永遠のテーマだと思っていますが、それ以上に空間それぞれの目的を見失わないこと、その軸足は決してずらさないこと、そしてそれを逸脱しそうな時は必ず目的に沿った打開策を見つけること、これだけはどんな状況下でも妥協しません。もしかしたら通常の工務店や建築会社よりも工期はかかるかもしれません。しかしこのプロセスをご理解いただき、一緒にスクラムを組んでいただける方、是非ともご相談ください。企画~施工、融資関連、事業サポートなど、ワンストップで担当させていただきます!

リフォーム、リノベーション、新築、店舗設計施工、災害復旧工事、事業コラボなど、出し惜しみはせず全力対応しますので、お気軽にお電話、メールなどでお問合せください。

ONE工務店のお問合せ先はコチラです。

ONE工務店のリノベーション施工例はコチラです。

#リノベーション #リフォーム #復旧工事

特集記事
最新記事
アーカイブ