新しい「和」のリノベーション


制限された空間であってもデザインの可能性は無限にあります。

「和」に寄り過ぎず、でも趣は感じたい。

動線をあえて不便に配置することでこそ得られる特別な安息の場。

京アパルトマン

上記リンクより紹介ページをご覧ください。

#京アパルトマン

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
SNS
  • Facebook Basic Square