壁と全体的なインテリアの色調をモノトーンで設定しながらポイントにやや特徴的なデザインや色使いをする事でセンス溢れる「お洒落感」を演出。適正で違和感のない主張が都会の中で爽々と輝く。

​女性らしさを強調しながらも全体のテイスト白基調で納めることで、より「丸い」イメージを持たせる。限定的な空間であり、最低限のインテリアやオブジェであってもコンセプトメイクを重視することで想像以上の効果がもたらせる。

​印象的なブルーとグリーンの配色を基盤にして要所は落ち着いた色やデザインを選択。過ごす楽しさと観る楽しさを共存させる。ビビットであっても決して刹那的でない感性とシンプルな質感でありながらも全体的にリュクスな雰囲気を醸し出すのがアパルトメントの真骨頂。