Play&

Listening

Styleのプラン例

「音」の世界は奥行きが深い。聴く、弾く、唄う、その行為に最良を求めるのはとても時間がかかる。まずは触れて、楽しむ空間造りから。